フライマテリアルのこだわり

僕はフライのマテリアルに対するこだわりが殆どありません。
「殆ど」と言ったのは、劣悪で使いづらいマテリアルは決して使わないという意味を含んでいます。
ハックル素材などは良い素材であればサクッとキレイに巻けますし、獣毛も良いものは折れづらく無駄がありません。
「こだわりがない」というのは、代用できるものなら既成概念にとらわれずに何でも使うということです。

一時期「CDCダン」というフライが大ブレークしました。
メイフライ(カゲロウ)ダン(亜成虫)の羽の部分にCDC(※)を使用しているパターンです。
※カモのお尻の方にある油分を良く含んだ浮力の高い羽根です。
この部分に僕はエアロドライウィングという科学素材を使っていました。
巻きやすいし、釣りの最中も扱いやすいし、釣れ具合も遜色無いように感じていました。
CDCは品質に当たりはずれがあり、良いものはけっこう高価だったということもあります。

釣り仲間のTH氏のフライボックスは素晴らしく綺麗に巻かれたCDCダンでいっぱいでした。
「エアロドライウィングでも同じぐらい釣れない?」という僕の言葉に対して、「自分が許せるかどうかです」という言葉が返ってきました。
フライフィッシング自体が言わばこだわりの釣りですから、フライマテリアルへのこだわりは当然生まれてくるでしょう。
彼は佐藤成史さんと親しくしているくらいですから、「良い獲物を狙うのならそれに相応しいフライで」という心意気があるのでしょう。
僕はフライのタイイングについては「パフォーマンス至上主義」なので、杉坂研治氏が使うような「珍素材」も躊躇なく使います。
浮きやすく、水キレが良く、空気抵抗が少なく、自分からも魚からよく見えるフライが僕にとっての「ベストなフライ」です。

ただし、「良く浮く」とはいっても「浮き方」によって釣れ具合が違うと考えています。
浮き方には「水面に立ったような浮き方」「水面にペタッと張り付いたような浮き方」「氷山のような浮き方」などがあります。
「水面に立ったような浮き方」は主にスタンダードフライで、ハックルもテールも厚めのものの浮き方です。
「水面にペタッと張り付いたような浮き方」はエルクヘアカディス、パラシュート、アントなどが代表的なパターンです。
発泡素材などを浮力材に使うと「氷山のような浮き方」をします。
渓流においては「水面にペタッと張り付いたような浮き方」が一番効果的だと思います。
それは「ライトパターン」が大きく影響しているからです。
「ライトパターン」についてまたの機会で語ります。
取扱の良さとしては珍素材を多用した研ちゃん式フライは「浮きやすく、水キレが良く、空気抵抗が少なく」の面で最高なのですが、「ライトパターン」という面においては少し劣ります。

フッキングの良し悪しも形状によって違いが出てきます。
スタンダードフライなどは魚にとって吸い込みづらい形状です。
スプリングクリークなどの釣り場で大物の魚を釣るのには良いかもしれませんが、渓流でロングリーダーティペットで釣るなら論外です。
フローティングニンフやアントなどの「半沈みパターン」は最も魚にとって捕食しやすく、研ちゃん式もそれに準ずるように思います。
エルクヘアカディスやパラシュートパターンは標準的ですが、テールをあまり長くすると弾かれます。

フライフィッシングは「尖っている釣り」代表格と言われます。
それゆえのこだわりがそれぞれの釣り人にに有りますが、こだわりの中にも寛容性も必要だと思います。
自分のスタイルに固執するあまり「排他的」な考えになるのは困ったものです。
渓流では餌師もテンカラ師もルアーマンも、そしてフライマンも同じフィールドで釣りをします。
共通するルールはきちんと守って、それぞれのスタイルで楽しんでもらいたいと強く願っています。
お互いを尊重しあえば釣り場での「不毛な衝突」も無くなります。

リーダーティペットの長さと釣果の相関関係

渓流でのフライフィッシングの話です。
僕はいわゆる「ロングリーダーティペット派」です。
里見栄正さんを師として仰いでいますので当たり前ですが。
具体的には17~20ftで状況に合わせて調整しています。
小さい流れや大きなフライを使う時は短めですし、大きな流れや魚がスレている時などは長くします。
ロッドの調子や釣り師のスタイルにもよるので一概にどちらが良い悪いとは言えませんが、長い方が釣れるとは思っています。

では、ロングーリーダーティペットの長所は何でしょう?
『ドラグフリーで流せる距離が長い』これに尽きます。
特に向こう岸の巻き返しなどでは圧倒的に有利です。
通常の長さのリーダーティペットでドラグフリーの時間を長くとるためには「カーブキャスト+メンディング」という方法が一般的ですが、向こう岸の巻き返しなどではなかなか難しいものがあります。
これがロングリーダーティペットで里見式「曲げる・固める」を使えば巻き返しでのドラグフリーの時間が圧倒的に稼げます。
ドラグフリーで長く流せるということは魚が出る確率も上がります。

では、ロングリーダーティペットの短所は何でしょう?
「ライントラブルを起こしやすい」「大きなフライが投げずらい」などがあります。
上が開けた場所なら良いですが、樹に覆われている場所や周りに障害物が多い場所などでは苦労します。
また、風が強い時などもトラブルが増えます。

キャスティングの技術は練習や経験で習得するしかないですが、トラブルを軽減させる方法はあります。
フライのファンデーションを最小限にすることです。
フライ自体の空気抵抗が低くなるだけで投射性が向上し、ピンポイントを撃てるようになりますしトラブルも激減します。
自分の釣りスタイルに合わせたフライを自分で巻くことはマストです。

前述の釣り仲間のM氏は自分でフライを巻きません。
店で売っているフライはファンデーションが多く、ロングリーダーティペットには不向きです。
それを投げやすいリーダーティペットの長さにしているので、ドラグフリーで流せる距離は短く、対岸の巻き返しや「穴ぼこ」などはほとんど狙えません。
そんなこともあり、毎回圧倒的な釣果の差が出てしまっています。
「楽しみ方は人それぞれ」なので本人が満足しているのであればそれで良いとは思いますが、歯がゆさは感じますね。

忍野のような特殊な釣り場のような「セレクディブ」な状態なら別ですが、渓流においてのフライ選択はとても大雑把で良いと思います。
「クシャクシャ」になっているフライでも釣れますし、「白っぽい」「黒っぽい」ぐらいの基準とあとはサイズですかね。
僕の渓流でのメインフライである「エルクヘアカディス」は、エルクヘアの量が市販のそれの三分の一ぐらいです。
一般的なエルクヘアカディスはボディハックルをボディ全体にらせん状に巻きますが、僕のはヘッド近くにパラッと巻くだけです。
投射性は最高ですし、フッキングも良いですし、何より良く浮きます。
ファンデーションが多い方が浮きやすいと思っている人がいますが、フライの主自体が軽い方が良く浮きます。
僕はオイル系のフロータントを使っていますが、質量が少ない方がフロータントの効き目が大きいと感じています。

要は「ロングリーダーティペットはライントラブルが多くていやだ!」「フライがポイントに入らない」などと敬遠するのではなく、それを解消する手立てを講じることが大切だということです。
トラブルによる集中力の低下などが無ければ、ロングリーダーティペットは「魚を掛ける確率が確実に上がる」と断言できます。

準備の楽しさと大切さ

僕は釣行前の準備が大好きです。
釣行を想像しワクワクしながら準備をする時間は最高です!
極端に言えば釣行そのものよりも楽しいことさえあります。

準備で出来る限りのことをしておけば釣りそのものに集中できます。
例えば、渓流で準備をしているときにライズでもされたらリーダーとティペットの結束もままなりません。
そんな訳で細かい準備ほど釣行前の平静な心理状況の時にするようにしています。
フライフィッシングの場合だと、フライラインのドレッシング、ラインとリーダーの結束、リーダーとティペットの結束などです。
小さいフライを多用しそうなときは、ティペットがアイをちゃんと通るかなども確認しておきます。
とにかく、ポイント到着後いかにスムースに短時間でファーストキャストできるかに注力します。
「僕はの~んびりできて、魚の顔が見られれば良いや~」というひとは別ですが、できるだけ釣果を上げたい、釣りの腕を上げたいという人には必要な要素だと思います。

僕の釣り仲間に、その都度現場でフライラインドレッシングをしているM氏という人がいます。
家でやると床に液が付着して滑るようになるのが嫌だということですが、床に何かを敷いてやれば良いことで、ちょっとの工夫なのにと思います。
「今日は一番初めに良い所を撃たせてあげるね!」と行く道中で言っていても、結局M氏は準備に時間がかかり、「先に始めてて!」ということになります。
フライフィッシングでのM氏の釣果はムムムです。
そこまでの釣果の差が出る理由はもちろん他にもありますので、それは改めて解説します。

ヤマシタ2.0号-2.5号-3.5号エギ

ショアエギングでの場合だと準備は以下の通りです。
①PEラインとリーダーの結束(FGノット)と「PEにシュッ!」の塗布
②入るポイントに合わせたエギ選択の検討とセッティング
③潮に合わせたポイント移動とオプションの検討
④持ち物の確認
特に「どこに入ったら何から投げてどうエギをローテーションするか」などは入念なイメージトレーニングをします。
変態だと言われます。

船釣りの場合もショアエギングの準備に準じます。
夢の中でもイメージトレーニングをしていることがあります。(笑)

「入念な準備」は、僕が比較的経験の浅い釣りでもコンスタントに釣果を上げている大きな理由の一つだと思います。

ロッドの持ち方と釣果の相関関係

今回はティップランの竿の扱いについて語ります。
ティップランエギングにおいての「ステイ」が最も重要であることは前述の通りですが、「安定したステイ」を生み出すために上下方向を受け持つのがロッドワークです。(横方向はエギにお任せです)
通常の波高であれば、ステイの際のロッドの持ち方しだいで上下方向のエギの揺れを制御できます。

その持ち方が「イカ先生」こと富所潤氏が推奨している「ワイングラス持ち」です。
掌の上に置くだけでロッドもリールのハンドルも握りません。
この持ち方は船の揺れに合わせてロッドがフリーで上下に動いてくれますし、人差し指がとても敏感でアタリが抜群に取りやすいです。
波が高い時はこれプラス膝の伸縮で揺れを吸収します。

逆に多くの人がやっているのがこの写真のような持ち方です。
ロッドを普通に握り、リールのハンドルも掴んでいます。
これだとロッドが身体の動きに同化するため、ステイさせているつもりでも波の上下に合わせてエギも上下に動いてしまいます。
リールのハンドルも握っているためアタリも伝わりづらくなります。
イカが抱いた時、合わせと同時に巻き始めようとしているのかもしれませんが、合わせてから1~2秒でハンドルに手を持っていけば充分です。
ハンドルより先にドラグに手がいく状況もあります。

波の揺れに任せてロッドティップが常に上下していたり、ましてや船べりロッドを預けているのでは到底「安定したステイ」は望めず、イカを抱かせるチャンスは殆どありません。
アオリイカをティップランで釣るのであれば何はともあれ「シャクリよりもステイ」と肝に銘じるべきです。

竿感と釣果の相関関係

一般的に竿の価格が上がると感度も良くなる傾向にあります。
例えばシマノのゲーム系のロッドで見てみると、入門用のBBから始まり、SS、XR、 XTUNE、最上級機種のLIMITEDまでラインナップがあり、明らかに感度が違います。
上級機種のロッドを使えるのであればそれにこしたことはないですが、いろいろな釣りをしている場合なかなかそうもいきません。
では、感度と釣果はどの程度の相関関係があるのでしょうか。
高感度のロッドであれば必ず釣果が上がるとは限りません。
他の部分にお金をかけた方が釣果が上がる場合もあります。
現在僕が主にやっている釣りは、ショアエギング、イカメタル、ティップラン、タイラバ、天秤太刀魚です。
これらの釣りにはBBから始まるラインナップが当てはまります。

実際に僕の使っているロッドを紹介すると、以下の通りです。
ショアエギング:セフィアエクスチューン
イカメタル:セフィアメタルスッテBB
オモリグ:クロスミッションXR
ティップラン:メイン/セフィアエクスチューンTR
・・・・・・・サブ/クロスミッションXR
タイラバ:炎月エクスチューン
タチウオ:サーベルマスターBB

個人的な考察をしていくと、太刀魚天秤に関しては竿感度よりもいかに手返しを良くするかが釣果に繋がる気がします。
タイラバも感度よりもノリの良さや掛けの良さが重要な気がします。
イカのアタリは全体的に繊細ですが、ツツイカ系とアオリイカでは明らかに違いを感じます。
竿の感度が釣果を左右する釣りの代表がティップランだと思います。
自分が経験した感触としては取れるアタリの数が全然違います。
このように、釣りの種類で上手くタックルを使い分けていろんな釣りを楽しみたいものです。

絶大の信頼を寄せるエギ

僕の主力エギは「YAMASHITA  エギ王TR」です。
ティップラン専用のエギですが、ショアエギングでも使っています。
昨年ティップランを始めてさらにその信頼度が爆上がりしました!
その大きな理由がYAMASHITA独自の「ハイドロフィン」です。(写真)
アオリイカは他のイカと比べて「捕らえようとする獲物の水中姿勢」にとても敏感なようです。
つまり「ステイの安定姿勢」が重要であるということです。
この「ハイドロフィン」が主に横方向の「ステイの安定姿勢」に絶大な効果を発揮します。フラフラしないんですね。
それがティップラン釣行で立証されましたし、これまでショアからのエギングで上げてきた釣果の証明にもなりました。
「ステイ」を最重視すると波が高い時などに特に釣果の差が出ます。
波の高い時はアオリの活性が高いとしても釣りづらく釣果が伸びない人が多いですが、上下方向の「ステイの安定姿勢」を維持する竿操作に全神経を集中させれば最大限の釣果が得られます。横方向の「ステイの安定姿勢」はエギ王TRにお任せです。
以下のようなことが水面下で起こっていると想像しています。
シャクリ上手のステイ下手 → 多くのイカが寄ってきても抱くかどうか
シャクリ下手のステイ上手 → 寄ってくる数が少なくても確実に抱く
これが釣果の差となっています。
しかし、これに気付いていないエギンガーが殆どです。
シャクリにばかり意識が行っています。
来シーズンのティップランで更に検証していこうと思います。

釣りの原点

僕にとっての“釣りの原点”は『釣りキチ三平』です。

小学3年生ぐらいだったと思いますが、少年マガジン連載の『釣りキチ三平』の虜になり、小学4年生に友だちに誘われ初めて釣りに行きました。
小黒川のR153橋下に良い溜まりがあり、そこで初めてあぶらハヤを2匹釣りました。同行した友だちは、仕掛けが絡んだりでなかなか釣りにならず、釣果ゼロでしたので、その時の誇らしさといったらありません。
そして、三平がいろんな釣りをするたびにその釣りに憧れ、可能な釣りは真似をして始めました!

僕の釣りにおいての『心の中の師匠』は一平じいさんです。
三平の祖父で、和竿作りの名人です。
彼が三平に言った言葉、
「三平!!釣れるからといって調子に乗ってバカスカとぶちげるもんでねえ、そんただザツで粗末で楽な釣り方をしたって、ちっとも面白いもんでねぇ。狙ったポイントから一匹一匹吟味して釣ることじゃ。それが釣り技を高めることになるのじゃ」
が、僕の戒めというか『釣りといいう趣味に向かう姿勢』となっています。

今後も、釣りの腕を磨くと同時に、率先してマナーを守り、『釣り人の鑑』となれるよう精進していきます!!

タケマツのこだわり【 エギング装備編 】

僕が釣りをするときにこだわっている部分を紹介します。
『手かえしの良さ』と『安全性』が基本となっていますので、参考になる部分があったら試してみてくださいネ。

【 エギング装備編 】

◆道具収納
ウエストタイプの救命具に必要などモノをぶら下げ、ソフトクーラーボックスを肩にしょっています。
以前はベルト装着のエギバック(20本収納)や脚に固定するタイプのものを使っていましたが、エギが取り出しづらかったり、シャクリの邪魔だったり、テトラの乗り移りの邪魔だったりの不都合がありました。
エギングは堤防の上はもちろんのこと、テトラの上で釣ることも多いので救命具はもはや必須です。
ダイワのウエストタイプをデザインとD環の位置で選びましたが、シマノ贔屓の僕としてはなかなか勇気のいる決断でした。(笑)
左側のD環にはエギ6本とタオル、右のD環にはイカ締めピック、カッタープライヤー、リーダー、エギズナップ等をぶら下げています。
ベルトの部分には、ペットボトルホルダーやギャフを装着します。

サーモスのソフトクーラーボックス(5L)は優れものです。
軽くて保温力が結構あり、大きさがエギングにジャストです。セブンイレブンで売っている保冷材にピッタリの大きさです。
これにチャック袋と保冷材、暑い時期は飲み物、ポケットにエギの予備と根魚用のワームを忍ばせています。

◆足回り
堤防はともかく、テトラに乗って釣る場合はソールのグリップ力が重要です。
青い方はバレーボールシューズです。フィット感が最高で、メッシュなので暑い時期もムレません。ソールのグリップ力もなかなかです。
茶色のハイカット方はソールのグリップ力が最高です。ある程度水を防ぎますので、波をかぶる場所や弱い雨でも問題無しです。
安全性で言えばスパイクシューズが一番ですが、ランガンするエギングでは運転しづらいシューズはちょっと…という感じです。
どちらのシューズもインソールを高性能のものに変えています。
足をたくさん使うこの釣りには強い味方で、本人的にはかなり重視しているアイテムです。

エギング装備のこだわりは『ランガン特化仕様』です。
「動きやすい」「釣りやすい」「取り出しやすい」の3項目をコンセプトとしています。

以上、タケマツのこだわり【 エギング装備編 】でした!

 

 

 

お気に入りのタックル【エギング編】

アオリイカのエギング用タックルです。
ロッドはシマノセフィアXチューン804L+というモデルです。
リールはセフィアCI4(C3000HGSDH)というモデルです。
ちなみにPEラインはセフィア8(0.4号×200m)で、リーダーはフロロカーボンの2号をFGノットで結束しています。

ロッドの特徴は
①軽くてしなやかなのでしゃくり疲れが無い。
②感度がメチャメチャ良い。
③ガイドがらみなどのライントラブルが少ない。
などですね。
【Fly編】で前述のアスキスで心酔した「スパイラルX」という技術はもちろんこのロッドにも投入されています。
このロッドに変えてからマジ『釣果も楽しさも爆上がり』です。
前のロッドでは取れなかったアタリが分かり、『釣れた』ではなく『掛けた』という比率が圧倒的に上がりました!
エギがどんな状態でいるか、イカがどんな感じでちょっかいを出しているかが分かるようなレベルの感度の良さです。
僕は『細糸主義』なので、感度の良さを活かせていると思います。
また、ブランクがしなやかなのでシャクるのが楽しく、一日振っても疲れません。(前のロッドでは腱鞘炎になったり、指にマメができたりしました)

リールの特徴は「軽くて滑らか」です。
このリールを購入したころは主に「2段シャクリ」でしたので、ダブルハンドルを選びましたが、「巻きジャクリ(ショートピッチジャーク)」を中心としている今ではシングルハンドルにしとけば良かったと思っています。

次のタックルは?
Xチューンの上級機種「プレミアム」シリーズも魅力的ですが、新しいXチューンのコルクグリップも使ってみたいですね。
リールは「軽さと強靭さ」を兼ね備えた『ヴァンキッシュ』を第1候補に考えています。

お気に入りのタックル【Fly編】

渓流用フライフィッシングのタックルセットです。
ロッドはシマノアスキスJ762というモデルです。
リールはウォーターワークスのスピードスターというモデルです。

このロッドは僕の最も尊敬するフライマンであり「終生の師」と仰いでいる里見栄正氏の開発したもので、G.Loomisとのコラボ商品です。(どのへんがルーミスの要素なのかイマイチわかりませんが (^^; )
アンパラの山本店長のロッドを店の前で振らせてもらったところ、一発で魅了されました!
アスキスの前はダイワのアルトモアLLというロッドを使っていました。
このロッドもそれなりに気に入って使っていましたが、一つ大きな問題点があったため(ロッドの特徴なので欠陥というわけではないです)それを解消してくれるアスキスの購入に踏み切ったわけです。

アルトモアLLとアスキス共通の長所は
①しなやかで「曲げる」「固める」などの操作がしやすい
②追従性が良く、かかった魚がバレにくいです。
これにアスキスはもう一つの長所が加わります。
③ループにパワーを与える強さです。
アルトモアLLでは打ち込めなかった石の下の「穴ぼっこ」にスパッ!と入ります!ナローでパワーのあるループが作れるからです。
「しなやかさ」と「強さ」は一見矛盾しているようですが、それを実現しているのがシマノの「スパイラルX」という技術なのでしょう。
このロッドに変えてから「狙えるポイント」の幅が増え、明らかに釣果がアップしました!

このリールはアルトモアLLの時から使っていたものですが、全体のデザインと「スピードスター」のロゴがポルシェのそれと似ていたので気に入って買いました(笑
長年の使用でロゴが剥がれてきてしまい残念 (T_T) です。
ラージアーバーなのでラインの巻きぐせがつきにくいですし、ドラグの具合もなかなかGOODです!
ただ、見た目と重量のバランスはアスキスのリールの方が良いかもしれませんね。

以上、お気に入りのタックル【Fly編】でした!