お気に入りのタックル【エギング編】

アオリイカのエギング用タックルです。
ロッドはシマノセフィアXチューン804L+というモデルです。
リールはセフィアCI4(C3000HGSDH)というモデルです。
ちなみにPEラインはセフィア8(0.4号×200m)で、リーダーはフロロカーボンの2号をFGノットで結束しています。

ロッドの特徴は
①軽くてしなやかなのでしゃくり疲れが無い。
②感度がメチャメチャ良い。
③ガイドがらみなどのライントラブルが少ない。
などですね。
【Fly編】で前述のアスキスで心酔した「スパイラルX」という技術ははもちろんこのロッドにも投入されています。
このロッドに変えてからマジ『釣果も楽しさも爆上がり』です。
前のロッドでは取れなかったアタリが分かり、『釣れた』ではなく『掛けた』という比率が圧倒的に上がりました!
エギがどんな状態でいるか、イカがどんな感じでちょっかいを出しているかが分かるようなレベルの感度の良さです。
僕は『細糸主義』なので、感度の良さを活かせていると思います。
また、ブランクがしなやかなのでシャクるのが楽しく、一日振っても疲れません。(前のロッドでは腱鞘炎になったり、指にマメができたりしました)

リールの特徴は「軽くて滑らか」です。
このリールを購入したころは主に「2段シャクリ」でしたので、ダブルハンドルを選びましたが、「巻きジャクリ(ショートピッチジャーク)」を中心としている今ではシングルハンドルにしとけば良かったと思っています。

次のタックルは?
Xチューンの上級機種「プレミアム」シリーズも魅力的ですが、新しいXチューンのコルクグリップも使ってみたいですね。
リールは「軽さと強靭さ」を兼ね備えた『ヴァンキッシュ』を第1候補に考えています。

釣れる条件

少し前のエギングでの釣果。
良い時に当たるとこんなことも。
数と大きさのバランスで、エギングを始めて以来一番の釣果かな?

改めて言うほどのことでもないけど…
魚(イカ)が多くて、人が少なければよく釣れるし、
人が多くて魚(イカ)が少なければあまり釣れない。
(海釣りの場合は潮にも大きく左右されますが。)

人が多い方が寄せ餌が効いてたくさん釣れるという釣りもあるけど、
渓流釣りやアオリイカのエギングなんかは上記の傾向が強いですね。

『人が多くても釣るのがエキスパート』ということもあるけど、
『たくさん釣れる状況』で釣って、ノウハウを蓄積しないとエキスパートにもなれないということもあるのが難しいところ。

あと、すごく重要なのが情報。
よく行く釣り場周辺では「信州からの遠征組」の評判は芳しくなく、気軽に情報を聞きにくいのが辛いところですね。
ゴミの持ち帰りは最低限として、釣り座に入るときのあいさつや、立入禁止区域に入らない(暗黙の了解区域は別として)などのマナーを守ることが大切だとつくづく感じるこの頃です。